この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

事務の仕事とは

どのような資格なのか

マイクロソフトオフィススペシャリストという資格を、一度は耳にしたことがあるという方もいるでしょう。
これは、事務を仕事としている人が、スキルアップとして欲しくなる資格であると言えます。
この資格は、事務仕事をするためにどうしても必要な資格というわけではなく、事務仕事をしていくうちに、どんどん仕事の幅を広げたい方や、事務仕事を効率的にこなすための資格なのです。
求人情報に載っている「パソコンを使える方」と言う条件に対してはっきりと、パソコン技術がある、と示すことができる資格なので持っていて損はないでしょう。 
そして資格の勉強は全て事務仕事に生かされる勉強ばかりなので、とてもやりがいがある資格かもしれません。

資格合格に必要な勉強法と合格確立

MOS 資格(microsoft official specialist)の合格率ははっきり出ていないのが現状です。
字面で見ると難しそうという印象を持つ方が多いかもしれません。word や excelは2段階にランク付けされていて一つはスペシャリスト、もう一つはエキスパートとなっています。
スペシャリストと言っても一般的と表記されているため、そこまでの技術はいらないのではないかと推測されます。
word や excel を普通に利用できれば問題ないと言われています。
エクセルを普通に利用できるといってもどのくらいなのかと言うと、独学だけでも大丈夫だと言われています。
ということはスペシャリストから始めようと思う方は、深く考えずリラックスして資格を取得するべきでしょう。